Web広告研究会テーマ

新着情報

「企業デジタルネイティブ時代」2017年WAB宣言
公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(所在地:東京都中央区銀座 代表幹事:田中 滋子)は、3月21日、東京・TEPIAホールにて、第31回WABフォーラムを行い、2017年Web広告研究会宣言として、「企業デジタルネイティブ時代」の発表を行いました。 「WAB宣言」は、会員社で共有する意識をWeb広告研究会という「組織」のなかの閉じたものとせず、同じような課題を抱える会員以外の企業・個人・研究者にもディスカッションを通じて広げていきたいという趣旨のもと、2002年より発表され、今回...
>>続きを見る
3月21日(火)第31回WABフォーラム
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会 「第31回WABフォーラム」開催 Web広告研究会では2017年3月21日(火)TEPIAホールにおいて第31回WABフォーラムを開催いたします。 当日は・Web広告研究会事業報告(会員社様向け)・WAB宣言・宣言に基づくセッションを行う予定です。 まだ詳細はご案内できませんが、有意義なセッションをご提供できるのではないかと存じます。 開催概要 ■日 程2017年3月21日(火)13:00-16:00(開場12:30予定) ■会 ...
>>続きを見る
Web 広告研究会セミナー 「オープンイノベーションに活路を見出す大企業の取り組み」
Web広告研究会セミナー 「オープンイノベーションに活路を見出す大企業の取り組み」 日時:2017年2月24日(金) 14:00~16:00 会場:スタンダード会議室 虎ノ門ヒルズフロント店2階 大ホール http://spaceuse.net/toranomonhills_front/2f_max_hall/ 主催:公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 変革の時代の今、企業に強く求められるイノベーション。そのイノベーション行動を、内部で固まって検討するのではなく、広く外部と...
>>続きを見る
「デジタル時代だからこそ大切なリアルコミュニケーションの熱量――イタリアで宮城のかまぼこが売れるまで」2016年10月28日開催 第11回東北セミナーレポート 第2部
「真のコミュニケーションが生む継続的な関係とは」と題した第11回東北セミボラの第二部は、モデレーターとしてNPO法人 桜onプロジェクトの吉田暢氏、パネリストとして同団体の田中孝幸氏が登壇。さらに地元の宮城県から、仙台のNPO法人ファイブブリッジで理事長を務める畠山茂陽氏、マルブン食品の佐藤文行氏、斉勝商店の松田広和氏も登壇し、リアルコミュニケーションの重要性について意見を交わした。 NPO法人 桜onプロジェクト(東京)       &n...
>>続きを見る
2月6日(月)Webグランプリフォーラム
Web広告研究会では2017年2月6日(月)にWebグランプリフォーラムを開催いたします。 第4回Webグランプリ 企業グランプリ部門でグランプリを受賞された企業の皆様から、 受賞サイトの目的や狙い、企画立案の経緯、公開後の結果と評価など、各サイトの お話を伺います。 ■日時:2月6日(月) 14:30~17:15 ■会場:コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 2F桜の間 http://www.tobuhotel.co.jp/ginza/access/index.html ■開催概要 【ご挨...
>>続きを見る
「家入一真氏が語る企業のクラウドファンディング活用術、マーケティングから地方創生まで」2016年10月28日開催 第11回東北セミナーレポート 第3部
企業がクラウドファンディングを利用するケースが増加している。新たな資金調達の手法として世界で注目を集めているクラウドファンディングだが、起業家や個人のクリエイターだけのものではない。東北セミボラ第三部は、クラウドファンディング事業を手がける「CAMPFIRE」の代表取締役をつとめる家入一真氏が「マーケティング、ブランディング、CSRとクラウドファンディング、だけじゃない」をテーマに登壇。起業家・インキュベーターでもあるフラーの常間地悟氏と、企業がクラウドファンディングに取り組む際の指針を示した...
>>続きを見る
「情報過多時代の最強メディアはファンのクチコミ、佐藤 尚之氏が語るファンマーケティングの重要性」2016年10月25日開催 月例セミナーレポート 第1部
情報過多の現代において、企業が生活者にメッセージを届けることは容易ではない。Web広告研究会の10月月例セミナーでは、コミュニケーションディレクターの佐藤 尚之氏が「ファンマーケティングはブランドにとって有効か? ~現場担当者と語りあうコミュニケーションの『今』~」をテーマに講演し、ファンマーケティングの重要性を解説。 なぜファンマーケティングが重要なのか、3つのポイントを示した。 1. ファンマーケティングは高感度層に伝わる数少ない有効手段 2. ファン(高関与層)は多くの売上を持っている ...
>>続きを見る
『宇多田ヒカルの「Fantôme」はなぜ大ヒットしたのか、2年間のマーケティング戦略に学ぶ』2016年11月7日開催 月例セミナーレポート
「音作り以外のすべてを行う宣伝担当として宇多田ヒカルに関わってきた」と話すのは、ユニバーサルミュージックの梶望氏。国内外で高い評価を得ている宇多田ヒカルの新作アルバム「Fantôme(ファントーム)」だが、ヒットの裏には綿密なマーケティング戦略があった。Web広告研究会の11月月例セミナーは、「宇多田ヒカル『Fantôme』のマーケティングを通して見えた、今、戦略構築に必要なこと」と題し、宣伝担当の梶氏が、約2年にわたり実施してきたマーケティング戦略を語った。 ライバルの登...
>>続きを見る
イノベーション委員会
  • 投稿日:2017/01/10
  • カテゴリー:WAB情報
活動内容 〈定例会agenda例〉 テーマを決めてのグループディスカッション ワークショップ イベント視察 イベントレポート共有会 などなど 委員長 鈴木 健 /(株)ニューバランスジャパン ビジネスが益々デジタルシフトしていく中、マーケターの守備範囲はコミュニケーションプランニング領域のみならず、革新的な事業開発やサービス開発まで広がりつつあります。 当委員会では、イノベーションを起こしたい委員会メンバー...
>>続きを見る
【若手限定】デジタルコミュニケーション養成講座(無料)  先行案内応募フォーム
※こちらの応募フォームは2017年に開催予定の若手デジタルマーケター限定セミナーへの優先案内の申込フォームになります。 若手マーケター限定 デジタルコミュニケーション養成講座 めまぐるしくコミュニケーション方法が変化していくなか、 デジタルネイティブと呼ばれる若手マーケターの皆さんの役割はとても大きくなっています。 Web広告研究会では、若手マーケターの皆さんのために、企業の広告主を中心とした講師による 特別セミナーを計画しています。セミナーは現役の担当者たちが実例をもとに、実践的な内容...
>>続きを見る