• トップ  > 
  • 『第10回東北セミボラ(セミナー&ボランティア)』開催
  • 投稿日:2016/02/01
  • 印刷

『第10回東北セミボラ(セミナー&ボランティア)』開催

  • カテゴリー:イベント
  • 委員会・WG:東日本大震災・被災地支援プロジェクト

Web広告研究会 
『第10回東北セミボラ(セミナー&ボランティア)』開催(4月8日・9日)

「東北セミボラ」とは東北のいまの復興(ボラ)とこれからの復興(セミ)のため、
セミナーとボランティア活動を行うというWeb研の造語です。

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(所在地:東京都中央区銀座 代表幹事:田中滋子)は、4月8日、宮城県・せんだいメディアテークにて、第10回東北セミボラ(セミナー&ボランティア)を開催し、翌9日には有志によるボランティア活動を行います。

セミナーでは東北の企業ご担当者だけでなく、広く日本のデジタル担当者に役立つ最新の情報をお届けし、デジタル担当者同士の意見交換の場を提供させていただくと共に、ボランティアを通じ、東北を支援し、震災から5年を経過した現地の状況を多くの方に知っていただく機会をご提供させていただきます。

【第10回東北セミボラ開催概要】※タイトル・講師は現時点の仮となっております。

1日目 
【セミナー】13:00~ (開場:12:30)

【ごあいさつ 】13:00~13:05
Web広告研究会 代表幹事 田中 滋子

【第1部 】13:05~14:05
『クリエイティブで、いきる・はたらく・つくる』
~地元に残る vs 東京に出る、どちらがいい?~

◇概要
クリエイターが送る就職セミナー。
あなたのお悩みにお答えします。
就職は人生の分岐点。地元に残って働くのが良いのか?東京で働く方がいいのか?一流クリエーターがその相談にお答えします。

①世の中のクリエイティブと言われる職業はどんなものがあるのだろうか?
②どうしたら思う方向で就職ができるのだろう?
③地元を離れずにクリエイターとして活躍できるんだろうか?
④ポートフォリオはどんなふうに作るといいのだろう?

対象者:将来、デザイナー/プログラマー/クリエイターになりたい方。
広告や教育に関わりたい方。

パネリスト:

梅原 卓也(うめはら たくや)氏
株式会社グラブデザイン 代表取締役社長/東日本大震災・被災地支援プロジェクトメンバー

稲葉政文(いなば まさふみ)氏
株式会社ワンパク アートディレクター

佐藤 慧(さとう けい)氏
株式会社ディー・エム・ピー プランナー/ディレクター

モデレータ:
石村 雅賜(いしむら まさし)氏
株式会社ネコメシ/東日本大震災・被災地支援プロジェクトメンバー

【第2部】14:15~15:15
『どう作る?どう使う?カスタマージャーニー』

◇概要
マーケティングの現場で昨今よく使われているカスタマージャーニー。実際のところ何のために作っているのか、どういう効果をもたらしているのか、マーケティングシナリオ、UXデザインの専門家と、クライアントサイドで交えて考察と議論をします。

パネリスト:
上代 晃久(かみしろ あきひさ)氏
キリン株式会社 デジタル マーケティング室 主査

堀 昌之(ほり まさゆき)氏
株式会社SAKUSEN TOKYO 代表取締役

森田 雄(もりた ゆう)氏
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター/東日本大震災・被災地支援プロジェクトメンバー

モデレータ:
菅 恭一(すが きょういち)氏
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ 代表取締役社長


【第3部】15:25~16:55
『未来のデジタルクリエイティブ』

◇概要
これまではPCブラウザの世界で表現し、技術を駆使してきたWebクリエイター達。昨今、この状況は大きく変化している。彼らはブラウザという枠を飛び越えどこに向かうのか? 日本にとどまらず世界に向けクリエイティブとテクノロジーを駆使したモノづくりをおこなっている二社をお迎えし、デジタルクリエイティブのこれからを議論する。

パネリスト:
松尾 兼二郎(まつお けんじろう)氏
Invisible Designs Lab.  サウンドアーティスト、作曲家 

富永 勇亮(とみなが ゆうすけ)氏
dot by dot inc.  CEO / Planner

Saqoosha(さくーしゃ)氏
dot by dot inc.  CTO 

モデレータ:
阿部 淳也(あべ じゅんや)氏
株式会社ワンパク
代表取締役 クリエイティブディレクター/東日本大震災・被災地支援プロジェクトメンバー

【懇親会】17:30~19:00

メディアテーク1階


【登壇者プロフィール】

梅原 卓也(うめはら たくや)氏
株式会社グラブデザイン 代表取締役社長
東京農業大学卒。システムエンジニアを経て、2001年25歳に株式会社グラブデザインの前身の合資会社グラブデザインを創業。
2004年から2011年まであまり成果を上げられていなかった企業教育のデジタルラーニングし、学習を「意識付け」と「知識付け」に分けることで教育の費用対効果の改善に一躍。現在、大手企業、国立大学、大手塾でICT教育のクリエティブディレクターを担当。

稲葉政文(いなば まさふみ)氏
株式会社ワンパク アートディレクター
三重県出身。アメリカ、東京で生活をした後、ロンドンのデザイン会社でデザイナーとして4年間勤務。紙ものからデジタルまで幅広い経験を積む。2015年10月に帰国し、ワンパクにアートディレクター兼デザイナーとして入社。趣味は街の広告などを見て、頭のなかでフォント当てること。

佐藤 慧(さとう けい)氏
株式会社ディー・エム・ピー プランナー/ディレクター
宮城県出身。県内の高専卒業後、上京。エンジニアを経てデジタル広告の世界へ。2009年地元宮城にUターンし現職。エンジニア→代理店営業→広告主→制作会社(イマココ)dmpでは、仙台、東京案件のプランニング・ディレクションを担当。

上代 晃久(かみしろ あきひさ)氏
キリン株式会社 デジタル マーケティング室 主査
総務庁統計センター、制作会社、広告代理店、携帯キャリアのオンラインマーケティング担当を経て、2006年1月より日本マイクロソフトにてオンラインサービスの広告宣伝担当、2011年8月よりソーシャル マーケティングリードとして勤務。2014年10月よりキリン株式会社 デジタルマーケティング室の主査として、各ブランドのデジタル マーケティングの活動支援・オウンドメディア運用のチーム、ブランド横断の新しいテクノロジーを活用したプラットフォーム・サービスの企画等、キリンの多種多様なデジタルマーケティングに関わっている。

堀 昌之(ほり まさゆき)氏
株式会社 SAKUSEN TOKYO 代表取締役
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ 取締役 プロデューサー
統合プロデューサー兼プランニングディレクター。外資系広告代理店、総合広告代理店、ネット広告代理店などで、クリエイティブディレクターやマーケティングディレクターを歴任。広告主側ではマーケティング責任者を経験。データを元にした、マーケティングシナリオメイクを得意とする。

森田 雄(もりた ゆう)氏
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター
東芝EMI、マイクロソフト、ビジネス・アーキテクツなどを経て2010年、株式会社ツルカメを設立し代表取締役社長に就任(現職)。2012年、株式会社ネコメシの設立に参画し代表取締役CEOに就任(現職)。2013年より株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ顧問(現職)。IA/UXデザインのスペシャリスト。内閣総理大臣賞、グッドデザイン賞、Web人賞など受賞。主な著書(共著)に「UX侍~スマホアプリでユーザーが使いやすいデザインとは~」など。

菅 恭一(すが きょういち)氏
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ 代表取締役社長
1998年総合広告会社入社。次世代型デジタルマーケティング組織を起案、発足後10年間のリーダーシップを通じてPOEにおけるコミュニケーションプランニングとデータドリブンなマーケティングマネジメントをシームレスに実践する組織基盤を構築。国内外多数の企業支援をおこなった後、2015年4月、株式会社ベストインクラスプロデューサーズの創業に参画。

 

■日時 2016年4月8日(金) 13:00-17:00(懇親会17:30-19:00)

■場所: せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア 〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1
地下鉄:仙台駅から泉中央行きで3分、勾当台公園駅下車。「公園2」出口から徒歩6分
http://www.smt.city.sendai.jp/info/access/ 

■参加費    
    セミナー:会員社※1、一般、共に無料。
    懇親会 :会員社※1、1口2名まで無料。3名以上1名3,240円。一般、1名3,240円(税込)
    お支払方法:お申込後、請求書をお送りします。
    ※1 会員社:Web広告研究会もしくは日本アドバタイザーズ協会の会員社

当日の欠席の場合でも参加費のお支払いをお願いします。何卒ご了承ください。

土曜日のボランティア】

■日時 2016年4月9日(土) 
Aコース、Bコースより、どちらか一方にお申込ください。
※変更される可能性を踏まえた上でお申込みください。

(Aコース) 福島県南相馬市復興ボランティア
(Bコース) 石巻 漁業体験

--------------------------------
※上記記載内容は変更の可能性があります。
変更があった場合、速やかにこのページで修正します。あらかじめご了承ください。

イベント名 『第10回東北セミボラ(セミナー&ボランティア)』開催
定員数 200
開催場所 せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア
開催日時 2016/04/08(金) 13:00-17:00
申し込み期限 2016/04/08(金) 13:00
詳細  
イベント名 第10回東北セミボラ懇親会
定員数 60
開催場所 せんだいメディアテーク 1Fクレプスキュール・カフェ
開催日時 2016/04/08(金) 17:30-19:00
申し込み期限 2016/04/06(水) 20:30
詳細  

[参加費]
会員社※1、1口2名まで無料。3名以上1名3,240円(税込)。一般、1名3,240円(税込)
お支払方法:お申込後、請求書をお送りします。
    ※1 会員社:Web広告研究会もしくは日本アドバタイザーズ協会の会員社

当日欠席の場合でも参加費のお支払いをお願い致します。何卒ご了承ください。

一般でのご参加の方はコメント欄に下記内容を必ず記載ください。
1)請求書送付先住所
2)請求先会社名
3)部署名
4)お名前

イベント名 (Aコース) 福島県南相馬市復興ボランティア
定員数 30
開催場所 福島県南相馬市
開催日時 2016/04/09(土) 06:30-18:30
申し込み期限 2016/04/03(日) 20:00
詳細  

■ボランティア保険への加入が必須です

開催日時 2016/4/9(土) 06:30-18:00

開催場所 福島県南相馬市小高区周辺

※仙台駅からバスで送迎

定員数:30名

■作業内容

・応急仮設住宅での支援活動

・瓦礫の撤去、泥出し

・旧警戒区域を中心とする市内の復旧活動

・被災宅の部屋の片づけ

・個人宅の草刈り、庭木の剪定

※具体的な作業内容については、上記のうちから現地のニーズに応じてに割り振られます。

■スケジュール

6:20 仙台駅西口集合

6:30 出発、バスにて移動

8:30-8:40 南相馬市ボランティア活動センターに到着、当日の活動について説明

9:00-15:00頃 ボランティア活動

※昼食は、朝のうちにコンビニ等で各自用意(ゴミは必ず持ち帰りください)

16:00 ボランティアセンターに戻って道具の返却、南相馬出発

18:30 仙台駅西口到着 お疲れ様でした(道路状況により変動します)

■参加費

目安として、バス移動費用を含み:2,500円~4,000円程度(参加人数により変動します)

■お申込み期限:4月1日(金)20:00

※バスの手配の関係で締切が早まる可能性があります。

■持ち物や服装について

現金(往復の交通費、滞在期間中の生活費、その他緊急時に備えて2万円程度の予備費)

健康保険被保険者証(保険証)※コピー不可

ボランティア保険加入証明※コピー可(加入日と補償期限記載のもの)

身分証明書(免許証・パスポート)

※現住所が確認できるもの/コピー不可(初日オリエンテーション時に拝見いたします。)

 

■装備詳細
水害ボランティア作業マニュアルの絵もご参考にしてください。
http://www.saigaivc.com/app/download/3819477115/suigai-manual.pdf

(1)作業着

・長袖、長ズボンを着用してください。

・作業に適した動きやすい服を着用してください。

・擦り傷・切り傷・虫さされ等を防止するために長袖と長ズボンが必要です。

・気温によって通気性の良いものや保温性の良いものを使い分けることをおすすめします。

・気温が低い日でも屋外作業では汗をかくことがありますので、体温調節のしやすい服装をおすすめします。

また、着替え等も持参すると安心です。

・夕方から夜間・早朝は日中よりも大幅に気温が下がり冷え込みますので、防寒用の服装が必要です。

・朝8:30の受付時には、作業用の服を着用してください。

・活動現場に出発する前に、現場で使用する道具や工具を軽トラックに積み込む作業があります。

その際はケガの防止のため、軍手等を着用して下さい。

・雨合羽、長靴、革手袋、ゴム手袋、マスク、ゴーグル、等は適宜着用してください。

(現場に出発する前に着用したり、現場に到着してから着用する等、当日の状況に合わせて着用してください。)

・活動の合間の休憩時間などは、屋外で体を動かさない状態でいますので、活動中とは対照的に急激に寒さを感じる場合があります。

休憩時間の防寒用にカイロなどを現場に持参することをおすすめします。

・マダニにかまれにくい服装をこころがけてください。

(2)雨合羽 (レインウェア)

・上下分かれているタイプが活動に適しています。

・雨天での作業や側溝の清掃などの作業の際に必要ですが、作業内容は当日決まりますので、必ずご持参下さい。

・活動中は汗をかくことがありますので、防水性があり、なおかつ通気性の良いものをおすすめします。

(3)軍手、突刺し防止タイプの厚手のゴム手袋、皮手袋

・軍手、突刺し防止タイプの厚手のゴム手袋、革手袋をご持参下さい。

・怪我の防止のため、作業内容に応じて重ねて着用できるサイズのものをご持参下さい。

(4)タオル

・作業中の汗ふきタオルなど。

(5)マスク

・防塵タイプのものを必ずご持参下さい。

・センターにも用意してありますが、数が足りない場合があります。

(6)ゴーグル

・草刈作業などの際に草片や埃から目を保護するために、ご持参下さい。

・センターにも貸し出し用がありますが、数が足りない場合があります。

(7)帽子

・屋外作業で日差しなどを遮るため必要です。

・気温によって通気性の良いタイプや保温性のあるタイプなど、使い分けることをおすすめします。

(8)ヘルメット

・必要な場合は、センターの貸し出し用を利用できます。

(9)安全ゴム長靴と踏抜き防止インソール

・家屋の解体などにおいてはクギを踏み抜くなどの危険がありますのでご用意ください。

(10)その他

・汚れた作業着や長靴などを入れる大きめのビニール袋もあると便利です。

(11)作業で使用する道具・工具類

・道具・工具類はボランティア・センターでお借りします。

(12)活動中の飲物と昼食

・主な活動現場の南相馬市小高区では水道が復旧していない現場が多く、自販機やコンビニエンスストアがほとんど再開していません。

そのため、作業中に飲む飲料水や昼食は現場に到着する前に各自で確保しておく必要があります。

その他補足があれば追記していきます。
イベント名 (Bコース) 石巻 漁業体験
定員数 30
開催場所 宮城県石巻市
開催日時 2016/04/09(土) 06:30-18:30
申し込み期限 2016/04/04(月) 15:00
詳細  

※変更される可能性を踏まえた上でお申込みください。

石巻のボランティア活動は、様々なボランティア団体が復旧・復興に向けた「課題」毎に活動を展開してきましたが、石巻のボランティア活動に関しては目処がついてきたようです。
今度の石巻の課題としては、震災以前から抱える少子高齢化や中央市街地の空洞化、漁村地域での担い手不足の深刻があります。

震災から2年が経過しようとしている今、“ボランティア”という枠組みを超えて、
石巻に生きる人たちと苦楽を共にする“仲間”としての新たな関わり方を考えたものとなります。

<<作業内容>>

「石巻市北上町 わかめ漁業加工体験+市内視察」

<こんなことを行います>
石巻のボランティア活動は、様々なボランティア団体が復旧・復興に向けた「課題」毎に活動を
展開した結果、ボランティア活動に関しては目処がついてきたようです。

今度の石巻の課題としては、震災以前から抱える少子高齢化や中央市街地の空洞化、漁村地域で
の担い手不足の深刻があります。震災から2年が経過しようとしている今、“ボランティア”という枠組みを超えて、
石巻に生きる人たちと苦楽を共にする“仲間”としての新たな関わり方を考えたものとなります。

【活動内容】

石巻ではインフラが復旧した程度で産業が全くと言っていいほど復活してません。
Bコースでは、石巻ワカメ漁業就業者の生産、加工の作業を通じて現在の被災地を知る活動となります。
石巻市内視察では絆の駅ニューゼへ立ち寄り石巻日日新聞社の壁新聞を見学します。

【開催場所】

石巻市北上町十三浜 漁業生産組合浜人(はまんと) http://www.wakamo.jp/
〒986-0201 宮城県石巻市北上町十三浜大指16

【スケジュール】 ※現時点での予定となっております。詳細は別途ご案内いたします。

6:20 仙台駅西口集合 

6:30 バスにて出発

各自にて昼食をご用意ください

8:45-9:00 石巻市北上町十三浜到着、当日の活動について説明 

9:00-12:00  地元のお母さんや漁師さんとワカメ加工のお手伝い(ワカメの袋詰め・シール貼りなど)

12:00-13:00 石巻で取れた食材を使った仕出し弁当(お茶付)

13:00-14:00 ワカメ加工のお手伝いと地元の方と体験談

16:00 十三浜出発

18:00 仙台駅西口到着 お疲れ様でした

■参加費 一人:未定

目安として、バス移動費用を含み:5,000円~8,000円程度(昼食含)

■お申込み期限:4月1日(金)20:00

■持ち物や服装について

現金(滞在期間中の生活費、その他緊急時に備えて2万円程度の予備費)

健康保険被保険者証(保険証)※コピー不可

身分証明書(免許証・パスポート)

※現住所が確認できるもの/コピー不可

○今回は重作業はございません。

普段着で動きやすい服装でお願いいたします。

参加申し込みは終了しています

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?