• トップ  > 
  • Web人材育成プロジェクト 委員会セミナー『運用型広告のひみつ』~ その過去・現在・未来 ~
  • 投稿日:2016/11/18
  • 印刷

Web人材育成プロジェクト 委員会セミナー『運用型広告のひみつ』~ その過去・現在・未来 ~

  • カテゴリー:イベント
  • 委員会・WG:Web人材育成プロジェクト

お申し込みが非常に多かったため、急遽定員を増やしました。

※こちらのセミナーは会員社限定の有料セミナーとなります
(JAA会員社、Web研会員社以外の方はご参加いただけません)
-------

Web人材育成プロジェクト 委員会セミナー

Web人材育成プロジェクト Web広告ワーキンググループでは下記の要領にて委員会セミナーを開催いたします。

【セミナータイトル】

『運用型広告のひみつ』~ その過去・現在・未来 ~

今やインターネット広告市場の中心ともいえる「運用型広告」ですが、Web担当者のあなたは、「運用型広告」の仕組みやコスト、KPIを理解しないで発注していませんか?
そこで、Web人材育成プロジェクトWeb広告ワーキンググループでは、「運用型広告」を正しく理解していただくために、本セミナーを企画いたしました。

「運用型広告」とは、検索連動型広告に加え、膨大なデータを処理するアドテクノロジーを活用したプラットフォームにより、広告の最適化を自動的にもしくは即時的に支援するような広告手法のことですが、ここ数年で大きく伸長しています。
2015年のインターネット広告媒体費9,194億円の約70%6,226億円が「運用型広告費」でした。(「2015年 日本の広告費」電通)

本セミナーでは、運用型広告の仕組みやフォーマット等、歴史的な背景も踏まえながら分かり易くご説明いたします。また、運用の方法論やKPI設定等についても、実際の管理画面を見ていただきながら、運用担当者の実体験から具体的にご紹介いたします。

「運用型広告」をすでに使っているWeb担当者、これから導入しようと考えているWeb担当者の皆さん、運用型広告の実際を知るチャンスです。ぜひご参加ください。

■本セミナーの主な対象
・事業会社(広告主)で、「運用型広告」を広告会社に発注しているWeb担当者
・事業会社(広告主)で、「運用型広告」を広告会社に発注を検討しているWeb担当者
※自社(インハウス)で運用している方は想定していません。
※上記以外の方の参加を制限するものではありません。

■本セミナーで得られること
・「運用型広告」の仕組み、フォーマット、運用方法、コスト構造、KPI設定について理解でき、広告会社への発注やコミュニケーションが円滑になる。

■プログラム
第1部 : ご挨拶、運用型広告の市場規模等
Web広告ワーキンググループリーダー 田実 日出翁氏(株式会社日本経済広告社)

第2部 : 運用型広告のひみつ ~その過去・現在・未来~
掛谷 章往氏(株式会社オプト 執行役員)、天野 可純氏(株式会社オプト)

■開催日時
平成28年12月13日(火曜) 16:00~17:30

■開催場所
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 会議室
東京都中央区銀座 3-10-7 銀座東和ビル8階
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/contents/2

■セミナー参加費
Web広告研究会会員社:1名2,160円(税込)
日本アドバタイザーズ協会会員社:1名2,160円(税込)
※本セミナーは全ての参加者様について有料とさせていただきます。

※お支払方法:お申込確認後、ご請求書をお送り致します。 振込手数料はご負担ください。
当日の欠席の場合でも参加費のお支払いをお願い致します。何卒ご了承ください。
--------------------------------
※上記記載内容は変更の可能性があります。
変更があった場合、速やかにこのページで修正します。あらかじめご了承ください。

▼下記よりご参加登録をお願い致します。※必ず事前にお申込下さい

イベント名 Web人材育成プロジェクト 委員会セミナー『運用型広告のひみつ』~ その過去・現在・未来 ~
定員数 70
開催場所 日本アドバタイザーズ協会 会議室
開催日時 2016/12/13(火) 16:00-17:30
申し込み期限 2016/12/12(月) 15:00
詳細  

■セミナー参加費
Web広告研究会会員社:1名2,160円(税込)
日本アドバタイザーズ協会会員社:1名2,160円(税込)
※本セミナーは全ての参加者様について有料とさせていただきます。

お支払方法:お申込後、ご請求書をお送りします。 振込手数料はご負担ください。
当日の欠席の場合でも参加費のお支払いをお願いします。何卒ご了承ください。

請求先が参加者ご本人宛でない場合、
必ずコメント欄に下記内容を記載ください。

1)請求書送付先住所
2)請求先会社名
3)部署名
4)お名前

参加申し込みは終了しています

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?