イベント報告

2010年7月27日開催 Web広告研究会7月月例セミナーレポート(1)トリプルメディア時代に求められる企業のコミュニケーション戦略とは
2010年度 第五回Web広告研究会月例セミナーレポート トリプルメディア時代に求められる企業のコミュニケーション戦略とは 第五回のWeb広告研究会月例セミナーでは、2006年からメディア定点調査を行っている博報堂DYメディアパートナーズからメディア・コンテンツソリューション局の局長代理である榊原廣氏を招き、「メディア定点調査2010」の調査結果と分析を解説する「生活者のメディア接触のイマ」という講演が開催された。トリプルメディアの時代とされている今、実際ユーザーがどのようにメディアを使い、サービ...
>>続きを見る
2010年7月27日開催 Web広告研究会7月月例セミナーレポート(2)日本のスマートフォン向け広告市場の現状と実例紹介
(前ページ)2010年7月27日月例セミナー第一部 第二部「日本のスマートフォン向け広告市場の現状と実例紹介」 パーソナルメディアとして利用され始めたスマートフォンの可能性 アドモブ株式会社 セールスマネージャー 藤沢 聡明氏 第二部では、藤沢氏がスマートフォンマーケティングの可能性について、アドモブの数値や事例などをもとに解説を行った。全世界でスマートフォン向け広告 ネットワーク事業を展開しているアドモブの調査によれば、2010年に入り日本ではiPhoneとAndroidのトラフィックが...
>>続きを見る
2010年6月22日開催 Web広告研究会6月月例セミナーレポート(1) ソーシャルメディアと企業が向き合うコツとは何か
2010年度 第四回Web広告研究会月例セミナーレポート ソーシャルメディアと企業が向き合うコツとは何か 第四回となるWeb広告研究会の月例セミナーは、「ソーシャルメディアポリシー」を1つのキーワードにし、企業がどのようにソーシャルメディアに向き合うかについての講演が三部構成で行われた。第一部では、Web広告研究会・消費者メディア研究委員会の委員長である本間充氏がソーシャルメディアポリシーについての説明を行い、第二部ではWOMマーケティング協議会の理事長である太田滋氏がクチコミマーケティングの現状...
>>続きを見る
2010年6月22日開催 Web広告研究会6月月例セミナーレポート(2) 「Social Mediaガイドライン」 ビジネスやローカルな事情も踏まえてガイドラインを策定する
(前ページ)2010年6月22日月例セミナー第一部・二部 第三部「Social Mediaガイドライン」 ビジネスやローカルな事情も踏まえてガイドラインを策定する マイクロソフト株式会社セントラルマーケティング本部デジタル マーケティング&アナリティクス グループオンライン マーケティング マネージャー熊村 剛輔氏 第三部では、マイクロソフトの考えるSocial Mediaガイドラインについての説明が行われた。マイクロソフトでは、「デジタルマーケティングイニシアティブ」という概念があり、その...
>>続きを見る
2010年5月31日開催 Web広告研究会5月月例セミナーレポート(2) いま最適な企業のインターネット環境とは~企業のセキュリティー重視のインターネット環境は、Webマーケティングの習熟を鈍化させるのか?~
第二部 「いま最適な企業のインターネット環境とは~企業のセキュリティー重視のインターネット環境は、Webマーケティングの習熟を鈍化させるのか?~」情報システム部門とWebマーケティング部門の両面から企業のWeb閲覧環境を探る第二部には、モデレーターとして花王の本間充氏、情報システム寄りの立場で大阪ガスの岩木圭氏、さまざまな企業にシステムを提供している立場で伊藤忠テクノソリューションズの市川順之氏、Webマーケティング寄りの立場でキヤノンマーケティングジャパンの増井達巳氏が登壇。立場の異なる4名で「い...
>>続きを見る
2010年5月31日開催 Web広告研究会5月月例セミナーレポート(1) 乖離する企業とユーザーのインターネット環境、ソーシャルメディア時代の課題とは
2010年度 第三回Web広告研究会月例セミナーレポート乖離する企業とユーザーのインターネット環境、ソーシャルメディア時代の課題とは5月31日、Web広告研究会の第三回月例セミナーが開催された。今回は、Web広告研究会の中でも企業の広報担当者が多く集まる企業広報委員会が行った「第3回 企業内Web閲覧環境に関する調査」の報告を第一部で行い、第二部ではその報告結果を受けて企業の最適なインターネット環境とは何か、それがWebマーケティングに与える影響は何かという議題でトークセッションが行われた。今回の調...
>>続きを見る
2010年4月27日開催 Web広告研究会4月月例セミナーレポート(2) 日本のクラウド全世界で最もコモディティ化が進んだ携帯電話
(前ページ)2010年4月27日月例セミナー第一部第二部 日本のクラウド 全世界で最もコモディティ化が進んだ携帯電話 第二部に登壇した早稲田大学の丸山氏は、クラウドの説明の前に、ハードウェアの進化がIT技術の変化をもたらしており、高集積化や高機能化によって、マルチコアのCPUが生まれていると話した。また、高集積化が進む一方で、ハードウェアの価格は低下していること、コモディティ化が進んでいることを示し、現在のクラウド普及を支える技術の背景について説明していった。 早稲田大学大学院 情報システム研究科...
>>続きを見る
2010年4月27日開催 Web広告研究会4月月例セミナーレポート(1) 急速に進化するモバイルとクラウド技術はWeb広告にどう関係してくるのか
2010年度 第二回Web広告研究会月例セミナーレポート 急速に進化するモバイルとクラウド技術はWeb広告にどう関係してくるのか 4月27日のWeb広告研究会の第二回月例セミナーは、「マーケティングからみたテクノロジー」という観点で開催された。第一部では、Android携帯などのスマートフォンを生み出し、さまざまなスマートフォン向けのサービスを展開しているグーグルの技術について、同社のブラッド・エリス氏が講演。第二部では、何かと話題になっているクラウドについての解説を早稲田大学大学院の丸山不二夫教...
>>続きを見る
2010年3月24日開催 Web広告研究会3月月例セミナーレポート 日本の広告費の現状とクロスメディア広告戦略の考え方(2)
(前ページ)2010年3月23日月例セミナー第一部 第二部 日本テレビのクロスメディア広告戦略と事例紹介 自社メディアだけでなく他社メディアとの連携で広告効果を生み出す 続いて第二部では、日本テレビの太田氏が日本テレビにおけるクロスメディア戦略と事例を紹介した。 日本テレビ放送網株式会社 編成局デジタルコンテンツセンター デジタル事業推進部 太田 正仁氏 「ここ数年でテレビ界もさまざまなメディアの組み合わせや実験を行っており、新しい広告モデルやビジネスが成功し始めている」と話す太田氏...
>>続きを見る
2010年3月24日開催 Web広告研究会3月月例セミナーレポート 日本の広告費の現状とクロスメディア広告戦略の考え方(1)
2010年度 第一回Web広告研究会月例セミナーレポート 日本の広告費の現状とクロスメディア広告戦略の考え方 2010年3月24日、2010年度の第一回となるWeb広告研究会の月例セミナーが開催された。今回の第一部は、電通の小野裕三氏の「日本の広告費とインターネット広告の潮流」と題されたセミナーで、広告費の現状と今後の広告戦略に何が求められているかが話された。第二部では、日本テレビ放送網の太田正仁氏による「日本テレビのクロスメディア広告戦略と事例紹介」が行われ、テレビ局がクロスメディア戦略をどのよ...
>>続きを見る

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?