イベント報告

「IoT時代で変わるクリエイティブの発想と求められる人材」 2015年10月2日開催 第9回東北セミナー 第3部
モノのインターネット、IoTがスタートアップを中心にブームになりつつあるが、昨今は大企業、広告業界にまで広がり、大手企業と中小ベンチャーが組むことも珍しくない。「クリエイティブとIoT これからのCRに必要なキャリアって? 自分のつくりたいものをつくる」と題した講演では、ツルカメの森田雄氏がモデレーターとなり、PARTYの中村洋基氏とCerevoの岩佐琢磨氏が、IoT時代のクリエイティブや人材について議論を交わした。 左から、Cerevo 岩佐 琢磨氏、PARTY 中村 洋基氏、ツルカメ 森田 雄...
>>続きを見る
「コンテンツマーケティングに予算の大小は関係ない、B2C・B2B・地域密着型のオウンドメディア事例」2015年10月2日開催 第9回東北セミナー 第2部
コンテンツマーケティングがここ数年、Web施策のトレンドとして注目を集めているが、一朝一夕で成果がでるものではなく、成功もあれば失敗もある。「トレンドから実践へ。『コンテンツマーケティング』について、いま一度、振り返ってみよう」と題した東北セミボラの講演では、ベストインクラスプロデューサーズの菅恭一氏をモデレーターに、コンテンツマーケティングを実践するライオン、NEC、仙台セルバ(住商アーバン開発)の3社が、B2C/B2Bおよび地域密着型、それぞれの施策を振り返りながらディスカッションした。 B2...
>>続きを見る
『PVやUUにとらわれない図解でわかる分析手法「ビジュアルWeb解析」の活用3ステップ』2015年10月2日開催 第9回東北セミナー 第1部
WebサイトのPDCAサイクルを回していても、改善につながらなくては意味がない。限られた予算とスタッフで、ページビューやユニークユーザーといった既存の指標にとらわれることなく、効果的にWebサイトを改善する手法として、楽天やアドビでWeb解析に取り組んできた清水誠氏が、Web広告研究会の第9回東北セミボラで「ビジュアルWeb解析」を提案した。 戦略を具体化するコンセプトダイアグラム 東北セミボラの第一部では、電通iXのCAOである清水 誠氏が、「低予算でも実現できるコンセプトダイアグラムによるW...
>>続きを見る
「Web閲覧環境の変化による企業とユーザーのギャップはどう埋めるべきか、2016年の企業Webサイトの姿とは?」 2015年9月29日開催 月例セミナー 第2部
企業Webサイトの閲覧環境はどこまで担保すべきか、スマートフォン対応はどのように進めるべきか。スマートデバイスやOSの進化によってWebサイトの閲覧環境が大きく変化するなか、企業のWeb担当者は、環境変化をどのようにとらえ、Webサイトを運営していくべきか。月例セミナー第二部では、岩崎電気、Mizkan Holdings、リコー、ネコメシ、フォースが「企業内Web閲覧環境」の結果をもとに、今後の対応についてディスカッションした。 モデレーター 株式会社ネコメシ 石村 雅賜氏...
>>続きを見る
「企業内Web閲覧環境」調査2015年度版:IE 8の利用率は縮小するも、いまだ29%の企業が利用」2015年9月29日開催 月例セミナー 第1部
長らく企業Webサイトを悩ませていたInternet Explorer 6(以下、IE.x)対応の有無だが、昨年のWindows XPとIE 6のサポート終了とともに、大きな転換を迎えている。先進技術を用いた情報発信は、企業内の担当者に届いているのか。Web広告研究会の9月月例セミナーでは、2005年から2年ごとに行う「企業内Web閲覧環境に関する調査」の結果をもとに最新の状況が発表された。また、後半では各企業が広告主の立場で多様化する閲覧環境に対してどのように対応するかが議論された。 Windo...
>>続きを見る
「マーケティングオートメーションツールの各社が回答する失敗しない導入の方法」2015年8月25日開催 月例セミナー 第2部
第二部では、ベネッセコーポレーションの秋山氏をモデレーターに、第一部で製品紹介を行った5社の担当者がパネリストとなってパネルディスカッションが行われた。ユーザー企業の立場から秋山氏が質問を行い、それに対して5社の最新状況が話されている。 株式会社ベネッセコーポレーション ソリューション開発部 秋山 大志氏 第一部から続けて登壇したパネリスト。左から、日本オラクル 福田 晃仁氏、日本アイ・ビー・エム 伊東 祐治氏、セールスフォース・ドットコム 加藤 希尊氏、マルケト 丸井 達郎氏、ブレインパッド...
>>続きを見る
「マーケティングオートメーション最新機能をオラクル、IBM、セールスフォース、マルケト、ブレインパッドの5社が語った」2015年8月25日開催 月例セミナー 第1部(2)
海外の大手マーケティングオートメーションが続々と日本市場に参入し、マーケティングに新たな潮流が生まれている。一方、ツールを導入したからといって、マーケティングが自動化できるわけではない。実際に何ができるのか、各社製品の違いはなにか、マーケティングツールを提供する日本オラクル、日本アイ・ビー・エム、セールスフォース・ドットコム、マルケト、ブレインパッドの5社が最新機能や活用例を語った。 Marketo Marketing Automation Marketo Marketing Automatio...
>>続きを見る
「マーケティングオートメーション最新機能をオラクル、IBM、セールスフォース、マルケト、ブレインパッドの5社が語った」2015年8月25日開催 月例セミナー 第1部(1)
海外の大手マーケティングオートメーションが続々と日本市場に参入し、マーケティングに新たな潮流が生まれている。一方、ツールを導入したからといって、マーケティングが自動化できるわけではない。実際に何ができるのか、各社製品の違いはなにか、マーケティングツールを提供する日本オラクル、日本アイ・ビー・エム、セールスフォース・ドットコム、マルケト、ブレインパッドの5社が最新機能や活用例を語った。 Oracle Marketing Cloud Oracle Marketing Cloud 日本オラクル株式...
>>続きを見る
「顧客データの活用は今後どうなる? クレディセゾン・大和ハウスの事例に見る改正個人情報保護法への対応 」2015年7月28日開催 月例セミナー 第2部
改正個人情報保護法の施行は、企業のマーケティング活動にどのような影響を及ぼすのか。セミナー第二部では、すでに会員データなどの個人情報を利活用する、クレディセゾンと大和ハウス工業をゲストに、現状のデータ活用と今後の展開について、ディスカッションが行われた。 モデレーター  Web広告研究会  代表幹事 本間 充  株式会社クレディセゾン  根岸 正樹氏 大和ハウス工業株式会社  小林 高英氏&nb...
>>続きを見る
「マーケッターが知っておくべき改正個人情報保護法の衝撃」2015年7月28日開催 月例セミナー 第1部
2016年末に全面施行が予定されている「改正個人情報保護法」は、2016年1月に施行されるマイナンバー制度とともに、企業のマーケティング部門にとって重要な法案となる。個人情報やビッグデータ利活用の範囲が変化する可能性があるからだ。 「消費者とよりよい関係性を築くために~個人情報保護のリスク対策~」と題されたWeb広告委員会の7月月例セミナーでは、改正個人情報保護法の動きについて解説するとともに、実際に個人情報を扱っている企業の担当者によるパネルディスカッションが行われた。 改正個人情報保護法の...
>>続きを見る

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?