活動レポート

『二次創作からn次創作へ、世界へ広がる「初音ミク」のクリエイティブ・イノベーションの仕組み』2017年2月24日開催セミナー 第2部
二次創作からn次創作へ、ファンからファンへと創作の連鎖がつながり、新しいクリエイティブが生み出されている「初音ミク」。「初音ミクとNo Maps、オープンイノベーションが切り拓くコンテンツの未来」と題したWeb広告研究会の講演で、デジタルの枠を超えて世界中に広がる作品の舞台裏を、クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役の伊藤博之氏が語った。 コンピュータミュージックに足りなかった歌声を生み出す クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役 No Maps実行委員会委員長 伊藤 博之 氏&n...
>>続きを見る
「イノベーション投資は企業の生命保険、アイデアの質と量の確保が日本の課題」2017年2月24日開催セミナー 第1部
企業の成長戦略として注目されているイノベーション活動を、閉じられた組織内ではなく、広く外部と連携して進める「オープンイノベーション」。近年は大手企業とベンチャーの連携による製品発表の機会が増えつつある。Web広告研究会は2月、セミナー「オープンイノベーションに活路を見出す大企業の取り組み」を開催し、オープンイノベーションを実践する野村総合研究所とクリプトン・フューチャー・メディアがこれまでの活動を語った。 今までにない新しい価値を生み出す 野村総合研究所 デジタルビジネス開発部 グループマネー...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム第1部
企業Webサイトの担当者たちが、互いのサイトを相互評価してたたえるWebグランプリ「企業グランプリ部門」の受賞企業が、サイトの成果や舞台裏を語るWeb広告研究会のWebグランプリフォーラムが2月6日に開催された。ポーラ美術館、NEC、資生堂、モリサワ、KDDI、日清など、有名サイトの担当者はどのような考えでサイトを運営しているのかが明かされた。 スチューデント賞 グランプリ――ポーラ美術館 美術への興味・関心を育成する ポーラ美術館「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ」展・特設サイト http...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第2部
浅川賞(アクセシビリティ)グランプリ受賞――NECグローバル市場での企業価値向上に向けたブランドサイト NEC Vision for Social Value Creation http://jpn.nec.com/profile/vision/ 日本電気株式会社 高嶋 浩一 氏 NECが2014年に立ち上げた「NEC Vision for Social Value Creation」(以下、NEC Visionサイト)は、NECグループの考えや取り組みを発信する情報サイトだ。ブランドス...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第3部
ソーシャルサイト賞 グランプリ――資生堂デジタルで掘り起こす若者のプチギフト需要 資生堂「マジョリ画」(公開は終了) ソーシャルサイト賞グランプリの「マジョリ画」は、大学生中心の若年層をターゲットとしたギフトサービス。資生堂のメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」を、オリジナルの似顔絵を添えてプレゼントできる。 資生堂ジャパン株式会社 朝倉 萌 氏 マジョリカ マジョルカは、ファンタジックな独自の世界観と、手に取りやすい価格帯でありながら高品質の商品として支持されてきたブランドだが...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第4部
企業BtoBサイト賞 グランプリ受賞――モリサワWebフォント+レスポンシブWebデザインでフルリニューアル 株式会社モリサワ コーポレートサイト http://www.morisawa.co.jp/ さまざまなフォント製品で知られるモリサワは、2015年10月、8年ぶりとなる4回目のコーポレートサイトのリニューアルを実施した。 リニューアルのきっかけは、8年の間に取り扱い書体やソフトウェアが急増し、当時想定していたフローのままでは情報提供が難しくなったことだ。また、PCサイトだけでなく、...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第5部
企業BtoCサイト賞 グランプリ受賞――KDDI携帯電話と思い出を振り返る体験コンテンツ おもいでタイムライン http://time-space.kddi.com/omoide/index.php KDDIの「おもいでタイムライン」は、日本で携帯電話が登場してから約30年間の流向やニュースを、携帯電話の歴史とともに体験できるサイトだ。KDDIのオウンドメディア「TIME&SPACE」のコンテンツの1つとして生まれた。 TIME&SPACEは、auやKDDIのサイトとは区別...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第6部
プロモーションサイト賞 グランプリ受賞――日清食品企画から公開まで約3週間、消費者の声を受けたスピードキャンペーン 10分どん兵衛 http://www.donbei.jp/10min/ 日清食品ホールディングス株式会社 安武 雅之 氏日清食品の和風カップ麺「日清のどん兵衛」は、1976年に発売されたロングセラー商品。しかし、若者たちの間では「うどんやそばは自分たちより上の年代の食べ物」というイメージがあり、自分たちの食べ物だと思ってもらう必要があった。 そのため日清食品では、若者に向けて、「...
>>続きを見る
「デジタル時代だからこそ大切なリアルコミュニケーションの熱量――イタリアで宮城のかまぼこが売れるまで」2016年10月28日開催 第11回東北セミナーレポート 第2部
「真のコミュニケーションが生む継続的な関係とは」と題した第11回東北セミボラの第二部は、モデレーターとしてNPO法人 桜onプロジェクトの吉田暢氏、パネリストとして同団体の田中孝幸氏が登壇。さらに地元の宮城県から、仙台のNPO法人ファイブブリッジで理事長を務める畠山茂陽氏、マルブン食品の佐藤文行氏、斉勝商店の松田広和氏も登壇し、リアルコミュニケーションの重要性について意見を交わした。 NPO法人 桜onプロジェクト(東京)       &n...
>>続きを見る
「家入一真氏が語る企業のクラウドファンディング活用術、マーケティングから地方創生まで」2016年10月28日開催 第11回東北セミナーレポート 第3部
企業がクラウドファンディングを利用するケースが増加している。新たな資金調達の手法として世界で注目を集めているクラウドファンディングだが、起業家や個人のクリエイターだけのものではない。東北セミボラ第三部は、クラウドファンディング事業を手がける「CAMPFIRE」の代表取締役をつとめる家入一真氏が「マーケティング、ブランディング、CSRとクラウドファンディング、だけじゃない」をテーマに登壇。起業家・インキュベーターでもあるフラーの常間地悟氏と、企業がクラウドファンディングに取り組む際の指針を示した...
>>続きを見る

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?