活動レポート

「お客様の立場に立つことこそがCX改善の最大の一手、ビービット武井氏が語るCX実践手法と事例」2017年4月26日開催 月例セミナーレポート 第1部
ビジネスにおいて顧客視点が重要だと長らく言われ続けているが、お客様第一だと言葉にしていても実際は企業視点だったということは少なくない。Web広告研究会の4月月例セミナーは「カスタマーエクスペリエンス(CX)がテーマ。第一部では、顧客志向の経営支援を行うビービット取締役の武井由紀子氏が「デジタル時代におけるCXの実践手法と事例」を語った。 CXで信頼を醸成   株式会社ビービット   取締役   武井 由紀子 氏 カスタマー...
>>続きを見る
「サッポロビールとKDDIが語るBtoC/BtoB事業におけるCXの実践と課題」2017年4月26日開催 月例セミナーレポート 第2部
CXの実践は顧客理解をベースに進めることが基本だが、事業内容に応じて購買プロセスごとの顧客体験は大きく異なる。4月月例セミナーの第二部は、サッポロビールの森勇一氏と、KDDIの森本祐吏氏をパネリストに迎え、「BtoCとBtoBにおけるCXの実践と課題」をテーマに各社の取り組みが語られた。 モデレーター  株式会社富士通総研  コンサルティング本部 デジタルマーケティンググループ  シニアマネジングコンサルタント  田中 秀樹 氏 ...
>>続きを見る
「過去の成功体験にとらわれず、今の生活者に向き合う――「企業デジタルネイティブ時代」のコミュニケーション戦略」3月21日(火)第31回WABフォーラムレポート第二部
これからは企業・顧客にとってデジタルが当たり前になる。第31回WABフォーラム第一部のWAB宣言「企業デジタルネイティブ時代」を受けたパネルディスカッションでは、メディアや広告主など、立場の違う現場の担当者たちが、各々の視点でデジタルネイティブ時代にあるべき企業の姿や仕事の進め方を議論した。 写真右から 渡辺春樹氏(株式会社ビービット/Web広告研究会 幹事) 田中滋子(NEC/Web広告研究会 代表幹事) 木内愛氏(株式会社インフォバーン) 北見裕介氏(株式会社ワコール) 内田佳奈氏(ライオン...
>>続きを見る
WAB宣言「企業デジタルネイティブ時代」3月21日(火)第31回WABフォーラムレポート第一部
消費者、企業にとってデジタルが当たり前の「企業デジタルネイティブ時代」が訪れる。Web広告研究会(WAB)は3月21日、第31回WABフォーラムでWAB宣言を発表した。企業デジタルネイティブ時代の流れのなかで、企業にはどのような変革が求められているのか、WAB宣言に基づいた講演が行われた。本特集ではWeb広告研究会代表幹事田中滋子氏によるWAB宣言発表と、資生堂ジャパン EC事業推進部長の徳丸健太郎氏による資生堂におけるデジタルネイティブの対応「企業がデジタルネイティブになるためには」をテーマにした...
>>続きを見る
『二次創作からn次創作へ、世界へ広がる「初音ミク」のクリエイティブ・イノベーションの仕組み』2017年2月24日開催セミナーレポート 第2部
二次創作からn次創作へ、ファンからファンへと創作の連鎖がつながり、新しいクリエイティブが生み出されている「初音ミク」。「初音ミクとNo Maps、オープンイノベーションが切り拓くコンテンツの未来」と題したWeb広告研究会の講演で、デジタルの枠を超えて世界中に広がる作品の舞台裏を、クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役の伊藤博之氏が語った。 コンピュータミュージックに足りなかった歌声を生み出す クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役 No Maps実行委員会委員長 伊藤 博之 氏&n...
>>続きを見る
「イノベーション投資は企業の生命保険、アイデアの質と量の確保が日本の課題」2017年2月24日開催セミナー 第1部
企業の成長戦略として注目されているイノベーション活動を、閉じられた組織内ではなく、広く外部と連携して進める「オープンイノベーション」。近年は大手企業とベンチャーの連携による製品発表の機会が増えつつある。Web広告研究会は2月、セミナー「オープンイノベーションに活路を見出す大企業の取り組み」を開催し、オープンイノベーションを実践する野村総合研究所とクリプトン・フューチャー・メディアがこれまでの活動を語った。 今までにない新しい価値を生み出す 野村総合研究所 デジタルビジネス開発部 グループマネー...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム第1部
企業Webサイトの担当者たちが、互いのサイトを相互評価してたたえるWebグランプリ「企業グランプリ部門」の受賞企業が、サイトの成果や舞台裏を語るWeb広告研究会のWebグランプリフォーラムが2月6日に開催された。ポーラ美術館、NEC、資生堂、モリサワ、KDDI、日清など、有名サイトの担当者はどのような考えでサイトを運営しているのかが明かされた。 スチューデント賞 グランプリ――ポーラ美術館 美術への興味・関心を育成する ポーラ美術館「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ」展・特設サイト http...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第2部
浅川賞(アクセシビリティ)グランプリ受賞――NECグローバル市場での企業価値向上に向けたブランドサイト NEC Vision for Social Value Creation http://jpn.nec.com/profile/vision/ 日本電気株式会社 高嶋 浩一 氏 NECが2014年に立ち上げた「NEC Vision for Social Value Creation」(以下、NEC Visionサイト)は、NECグループの考えや取り組みを発信する情報サイトだ。ブランドス...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第3部
ソーシャルサイト賞 グランプリ――資生堂デジタルで掘り起こす若者のプチギフト需要 資生堂「マジョリ画」(公開は終了) ソーシャルサイト賞グランプリの「マジョリ画」は、大学生中心の若年層をターゲットとしたギフトサービス。資生堂のメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」を、オリジナルの似顔絵を添えてプレゼントできる。 資生堂ジャパン株式会社 朝倉 萌 氏 マジョリカ マジョルカは、ファンタジックな独自の世界観と、手に取りやすい価格帯でありながら高品質の商品として支持されてきたブランドだが...
>>続きを見る
有名サイトのWeb担当者6人が明かした成果・運用の舞台裏――2016年度Webグランプリフォーラム 第4部
企業BtoBサイト賞 グランプリ受賞――モリサワWebフォント+レスポンシブWebデザインでフルリニューアル 株式会社モリサワ コーポレートサイト http://www.morisawa.co.jp/ さまざまなフォント製品で知られるモリサワは、2015年10月、8年ぶりとなる4回目のコーポレートサイトのリニューアルを実施した。 リニューアルのきっかけは、8年の間に取り扱い書体やソフトウェアが急増し、当時想定していたフローのままでは情報提供が難しくなったことだ。また、PCサイトだけでなく、...
>>続きを見る

関連書籍

書籍
書籍・刊行物

活動成果をまとめた書籍・刊行物です。一部は会員限定で配布されます。

...


SSLとは?