Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web Advertising Bureau | Web広告研究会

第7回Webクリエーション・アウォード受賞者決定! イベント報告

  • 掲載日:2009年9月29日(火)

20090929award2009.JPG

本日9月29日明治記念館で開催されましたWeb広告研究会10周年記念フォーラムにおいて、 第7回Webクリエーション・アウォードの受賞者が発表されました。

Web 人大賞

石原洋子氏、小林恵氏(サントリーホールディングス株式会社)

プロジェクト:

http://www.suntory.co.jp/ (サントリーホールディングス株式会社)

http://topics.blog.suntory.co.jp (サントリー公式ブログ「サントリートピックス」)

選考理由:

サントリー公式ブログ「サントリートピックス」において、単なる情報発信だけでなく双方向コミュニケーションを確立させた。そして、クロスメディアにおいて大きな成功を収め、「ハイボール」という言葉がより世間に定着させたため。

Web 人 of theyear

武富正人氏(株式会社オリコム)

プロジェクト:

http://www.ad-tech.com/tokyo/japanese/adtech_tokyo.aspx (東京ad:tech2009)

選考理由:

世界最大デジタルマーケティングad:tech の日本初開催に向け奔走し、デジタルマーケティングの発展に貢献した。

気になるWeb人で賞

林雄司氏(ニフティ株式会社)

プロジェクト:

http://portal.nifty.com/ (デイリーポータルZ)

選考理由:

身近なところでお金をかけないで楽しめることを見つけて、実際にチャレンジするサイト「デイリーポータルZ」を企画、運営していることが、一般投票で最も多くの支持を得たため。

Web 人賞

赤星琢哉氏(株式会社トリスタ)

プロジェクト:

http://book.akahoshitakuya.com/ (読書メーター)

http://trista.jp/ (株式会社トリスタ)

選考理由:

読書に関することを手軽に記録できるサイト「読書メーター」の企画、運営において読書とインターネットの新しい融合を創造し、多くの読者の支持を得たことから。

Web 人賞

石井ゆかり氏(個人)

プロジェクト:

http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/ (筋トレ)

選考理由:

星占い等テキストコンテンツサイト「筋トレ」において自称「一人の無力なエンドユーザー」という立場でありながら、多くの一般ユーザーの支持を集めたため。

Web 人賞 加藤隆志氏(株式会社マピオン)

プロジェクト:

http://kntr.jp/pc/ (ケータイ国盗り合戦)

選考理由:

携帯サイト「ケータイ国盗り合戦」の企画において新たな地図のあり方を提案し実現。また、その運営においては、クロスメディアの媒体特性を活かした事業展開にも取組む意欲的な活動が評価された。

Web 人賞 長島純氏(ソニーマーケティング株式会社)

プロジェクト:

http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/camwithme/main.html(Cam with me)

選考理由:

ハンディカムのサイト「Cam with me」において、ヴィジターに疑似体験をさせることによって、商品のコミュニケーションを図り、新たなインタラクティブ方法による商品訴求を提起したことが評価された。

Web 人賞

永田香澄氏(株式会社リクルートメディアテクノロジーラボ)

プロジェクト:

http://cmizer.com/ (コマーシャライザー)

選考理由:

Web サイト「コマーシャライザー」において、コミュニケーションの斬新な 手法を提起。広告表現上の深い知識や技術がなくても誰でも簡単にウェブ上に動画広告 を作れるという画期的な手法が評価された。

Web 人賞

林千晶氏(株式会社ロフトワーク)

プロジェクト:

http://www.loftwork.jp/ (株式会社ロフトワーク)

http://www.loftwork.com/ (クリエイターポータル loftwork.com)

選考理由:

クリエイターのためにオンラインを通して、日本最大級のクリエイターネッ トワークを構築。さらにプロジェクトマネジメントの知識体系をいち早く導入しWeb 業界全体に多大な貢献をもたらした。

Web 人賞

ヨシナガ氏(個人)

プロジェクト:

http://www.dfnt.net/ (僕の見た秩序。)

選考理由:

Web の世界で、組織、規模、お金がない個人でも、十分に活躍できることを証明。その活動は、累計1 億5000 万のアクセスを記録した日本最大級の個人サイト 「僕の見た秩序。」や、携帯電話サイト、記事制作、イラスト制作、サーバ管理と多岐 に亘り、一般ユーザーに支持された。

Web 人賞

米山徹幸氏(株式会社大和総研)

プロジェクト:

http://www.daiwair.co.jp/pdf/pr081121.pdf (2008 年インターネットIR・ベスト企業賞)

http://www.daiwair.co.jp/topics-back.cgi (IR の話題)

選考理由:

IR サイトを定量評価する方法を日本で初めて開発し、企業IR サイトランキング評価の先駆者としての活動が評価された。 詳細は下記をご覧ください。

受賞者一覧はこちら

プレスリリースはこちらよりご覧いただけます。