Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web広告研究会、BtoB企業内のウェブサイト運営状況を調査 「15%以上の企業で年間1億円以上の予算を投入」

  • 掲載日:2011年3月3日(木)
  • 委員会・ワーキンググループ:West Webマーケティング委員会

2011年3月1日

社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会


社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(東京都中央区銀座、代表幹事:本間 充)はこのほど、「BtoBサイトの運営実態に関する調査」を実施し、その結果を発表しました。この調査は、BtoBサイト(法人や団体、取引先、専門家などのBtoBユーザーを主な対象としたウェブサイト)を持つ企業に対してその運営実態を調査し、BtoBサイト運営各社が自社の位置付けを把握することを目的として、West Webマーケティング委員会 BtoBマーケティングワーキンググループが行ったものです。

本調査により、ほとんどの企業においてウェブサイトは複数の人員で運営され、相当規模の予算措置が取られるなど、BtoB事業においてウェブサイトの運営体制が整備されつつある状況が明らかとなりました。その一方で、半数近くの企業が担当サイトと業務系データベースとの連携が行われておらず、利用する成果指標がページビューなど一部のものにとどまるなど、多くの課題が残されている状況も明らかとなりました。

【調査概要】

調査対象: 日本アドバタイザーズ協会加盟企業、Web広告研究会加盟企業、
および非加盟企業  合計617件
調査方法: 郵送調査
調査期間: 2010年11月8日~11月30日
回収数:  130

【調査結果のポイント】


1.    所属部署の人数

(1)    担当部署の人数が1人は3%に過ぎず、ほとんどが複数の人員で運営されている。さらに、20人以上の企業が30%を占める。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0342/342.jpg
(2)    各業種とも相当の人数で運営している企業が見られる。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0341/341.jpg

2.    担当サイトの年間予算

(1)    担当サイトの年間予算は500万未満の企業が最も多く全体の30%を占めるが、1億円以上(1億円以上5億円未満、5億円以上10億円未満、10億円以上)の企業も少なくなく、全体の15%を占める。中には10億円以上の企業も見られた。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0339/339.jpg
(2)    年間予算が1億円を超える企業は各業種にわたり存在する。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0338/338.jpg

3.    担当サイトと業務系データベースとの連携

(1)    業務系データベース(DB)との連携については、SCM(サプライチェーンマネジメント)系では商品データベースと連携している企業が16.9%、CRM(カスタマーリレーションマネジメント、顧客管理システム)系では顧客データベースと連携している企業が24.6%、問い合わせ履歴管理と連携している企業が19.2%あった。その一方で、業務系データベースとの連携をしていない企業が半数近くにのぼった。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0337/337.jpg

(2)    企業規模が大きくなるほど業務系DBとの連携が進んでいるとは限らず、商品データベースや顧客データベースとの連携では1,000人以上の大企業の方がむしろ遅れている状況が窺える。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0336/336.jpg

4.    担当サイトの評価指標

(1)    担当サイトの評価指標ではページビュー(PV)数が最も多く、7.62%を占めたほか、ユニークユーザー(UU)数、延べアクセス人数など、アクセス解析に関連した指標が上位を占めた。一方、ページビューとユニークユーザー数以外の指標を挙げる企業はいずれも半数を下回り、売上など経営に関連する指標を挙げる企業はあまり多くなかった。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0335/335.jpg



5.    回答者プロフィール

(1)    回答者の所属企業の従業員規模、所属部署、所属部署の業種はぞれぞれ下図の通りである。

https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0334/334.jpghttps://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0333/333.jpg
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/images/0000/0332/332.jpg

 

【資料】Web広告研究会 について

Web広告研究会は、1999年4月、(社)日本広告主協会ディジタルメディア委員会内の研究会を母体として発足しました。 (注:日本広告主協会は現在、日本アドバタイザーズ協会に名称変更)
「インターネット広告に関わる全ての関係者の情報交流の場」として、インターネット上の広告展開における様々な課題について、広告主と関連企業・団体(広告会社、メディアレップ、媒体社、調査会社、システム提供会社など)が共通の場で研究活動を行うことにより、インターネット上の広告の健全な発展を促進することを目的としています。
定期的なフォーラム・セミナーの開催のほか、各種広告手法の効果実証実験、企業サイトのプロデュースの研究とその評価、個人情報保護問題への取り組み、ブロードバンド・モバイル環境の研究、 生活者のメディア接触変化の研究などの幅広い活動を11の委員会と3のプロジェクトで行っております。

構成は以下のとおり

<委員会>
・企業広報委員会    ・モバイル委員会
・グローバル・ブランディング委員会    ・メディア委員会
・ネット・プロモーション委員会    ・消費者メディアテクノロジー委員会
・消費者メディア活用委員会    ・調査委員会
・サイトマネジメント委員会    ・West Webマーケティング委員会
・セミナー委員会   

<プロジェクト>
・Webプロデューサー育成プロジェクト    ・Webクリエーション・アウォードプロジェクト
・PRプロジェクト   

●会員社(2011年2月28日現在)267社
●代表幹事  本間 充(花王株式会社)
●事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル8階
●ホームページ http://www.wab.ne.jp/

本プレスリリース及び資料についてのお問い合わせは以下までお願いいたします。
■(社)日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル8階
電話 03-3543-5855 FAX 03-3543-5856

 

PDF形式のプレスリリースは、こちらに掲載しております。

詳細な調査データにつきましては、3月8日開催のセミナー(東京)3月25日(金)のセミナー(大阪)にて、発表いたします。
セミナー後、会員社向けのファイルライブラリに、調査資料の公開を予定しております。