Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web広告研究会 ソーシャルメディア公式アカウント担当者のための スターターキットを発表

  • 掲載日:2014年6月19日(木)

ソーシャルメディア公式アカウント担当者のためのスターターキットを発表

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(所在地:東京都中央区銀座 代表幹事:本間 充)ではこのたび、ソーシャルメディア委員会(委員長:坂井康文)の活動報告として、「ソーシャルメディア公式アカウント運営者のためのスターターキット」の発表を行いました。

ソーシャルメディアアカウント担当者の課題を解決し、よりスムーズな運営を行えるようにと、本年、運営ガイドワーキンググループ(リーダー:田中準也、芹沢美稀)を設置。49社63名のメンバーで自社の事例などを持ち寄り、これまでのノウハウの集大成として作成したものです。

このキットの活用により、企業とお客様、また、企業内の担当者と関係部署が、より高い信頼関係を築くことができるものと、広く公開させていただくこととしました。

--------------------
この件に関するお問合せ

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 事務局

〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル8階

担当:林、赤芝

TEL:03-3543-5855 FAX:03-3544-6581  e-mail:office@wab.ne.jp
--------------------

 

「ソーシャルメディアスターターキット」

Web広告研究会のサイトよりダウンロードいただくことができます。
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/uploaders/982

【スターターキット内容】
・スターターキット
導入時時から運用、リスク対策、社内啓発まで、それぞれのタイミングで用意しておいた方がいい14のドキュメントとその用途・目次例などについて解説しています。また、その中の一部をひな形として収録しています。収録しているひな形は下記の通りです。

・ソーシャルメディアアカウント利用申請書

・想定問答集

・対応基準表

・投稿カレンダー


【資料1】
ソーシャルメディア委員会について

2007年に新テクノロジー委員会内に消費者メディアワーキンググループとして発足し、2009年に消費者メディア委員会に、2013年にソーシャルメディア委員会となりました。
現在、49社63名のWeb広告研究会の会員社の皆様により運営されています。構成企業は以下の通りです。

委員長:    坂井 康文(サントリーホールディングス株式会社)

副委員長:  干場 香名女(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)

運営ガイドワーキンググループ リーダー:
          田中 準也(株式会社電通レイザーフィッシュ)
          芹沢 美稀(株式会社コムニコ)

(50音順)
味の素株式会社
アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
アドビ システムズ 株式会社
株式会社インターアローズ
インフォテリア株式会社
株式会社インフォバーン
AOLオンラインジャパン株式会社
株式会社エシカライブ
エステー株式会社
株式会社NTTアド
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン(同)
花王株式会社
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キリンビール株式会社
株式会社クラウドワークス
株式会社ぐるなび
株式会社クレディセゾン
コニカミノルタ株式会社
株式会社コムニコ
サントリーホールディングス株式会社
JX日鉱日石エネルギー株式会社
株式会社資生堂
シックス・アパート株式会社
株式会社スクロール
株式会社スタジオゲット
ソニー銀行株式会社
株式会社電通レイザーフィッシュ
株式会社東急エージェンシー
日興アセットマネジメント株式会社
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社
日本サード・パーティ株式会社
株式会社日本ブランド戦略研究所
ビッグローブ株式会社
Facebook Japan
株式会社文藝春秋
株式会社ベネッセコーポレーション
株式会社ホットリンク
株式会社 MAXISアソシア
株式会社Mizkan Holdings
三菱電機株式会社
株式会社メンバーズ
ヤフー株式会社
UCCホールディングス株式会社
ユニバーサルミュージック合同会社
ロカリサーチ株式会社
株式会社WOWOW
株式会社ワコール
株式会社ワコム


【資料2】Web広告研究会 について

Web広告研究会は、1999年4月、社団法人 日本広告主協会 ディジタルメディア委員会内の研究会を母体として発足しました。 (注:日本広告主協会は現在、日本アドバタイザーズ協会に名称変更)
「インターネット広告に関わる全ての関係者のための情報交流の場」として、インターネット上の広告展開における様々な課題について、広告主と関連企業・団体(広告会社、メディアレップ、媒体社、調査会社、システム提供会社など)が共通の場で研究活動を行うことにより、インターネット上の広告の健全な発展を促進することを目的としています。
定期的なフォーラム・セミナーの開催のほか、各種広告手法の効果実証実験、企業サイトのプロデュースの研究とその評価、個人情報保護問題への取り組み、ブロードバンド・モバイル環境の研究、 生活者のメディア接触変化の研究などの幅広い活動を9委員会と5プロジェクトで行っております。

構成は以下のとおり
<委員会>
・企業広報委員会   ・調査委員会   ・モバイル委員会  ・サイトマネジメント委員会
・メディア委員会   ・West Webマーケティング委員会    ・ネット・プロモーション委員会
・Big Data研究委員会  ・ソーシャルメディア委員会

<プロジェクト>
・Webグランプリプロジェクト      ・東日本大震災・被災地支援プロジェクト   
・Webプロデューサー育成プロジェクト  ・セミナープロジェクト   ・PRプロジェクト

●会員社(2014年6月1日現在)375社
●代表幹事: 本間 充 (花王株式会社)
●事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル8階

PDF形式のプレスリリースは、こちらに掲載しております。