Web Advertising Bureau | Web広告研究会

Web Advertising Bureau | Web広告研究会

第2回 企業内Web閲覧環境に関する調査 調査報告

  • 掲載日:2008年1月30日(水)

この調査は、企業内でのWebページ閲覧環境の実際を知ることにより、先進技術を用いた情報発信が企業内閲覧者に対してどの程度到達可能であるか把握することを目的として、サイト活用委員会・企業広報ワーキンググループが行ったものです。

2005年につづいて、今回が2回目の実施となります。

第2回 企業内Web閲覧環境に関する調査

本調査により、「ほとんどの企業に おいてWebページの閲覧が可能だが、70%の企業は何らかの閲覧制限を行っており、企業規模が大きくなるほど厳格となる」「Flash Player のプラグインが利用可能な企業は全体の69%」「HTMLメールをスムーズに受信・表示できるのは全体の55%」など、企業内におけるインターネットを介した情報受信に関して、何らかの制限がかかっていることが明らかになりました。

企業情報、IRなど、企業が企業内個人に向けてインターネットで情報発信するケースがますます増えていますが、表現方法を配慮する必要があるものと考えられます。

プレスリリース「第2回  企業内Web閲覧環境に関する調査」の結果を発表(2008/01/30)

是非ご活用ください。